14日目 奥の細道街道 

朝5時起床。
まずは炊事棟で手洗いで洗濯を済ませた。

17070401.jpg

朝から晴れて良く乾きそうである。
国道47号、最上街道に出て、ツーリングマップルを参考に、この日最初の予定である芭蕉が2泊したという『封人の家』を訪れた。

17070402.jpg

17070502.jpg

17070503.jpg

17070504.jpg

ここで芭蕉は次の句を詠んでいる。

蚤虱 馬の尿(バリ)する 枕もと

芭蕉はこの屋敷のどこで寝たのだろうか。
座敷はおろか板の間にさえ上げてもらえず、土間に寝かせられたということなのだろうか。
これは俳人の脚色で大げさに表現したというのが一般的な解釈のようだ。
『奥の細道』にはこういった脚色や創作も幾らか入っているようである。
なぜこんなことを書くかというと、ご存知のように芭蕉には曾良という随行人がいて、彼も旅の記録を残している。
それには奇妙な記述が多くあるそうな。
例えば、

玉入泊。宿悪故、無理二名主ノ家入テ宿カル。
たまにゅうはく。やどあしきゆえ、むりになぬしのいえいりてやどかる。

宿が気に入らなかったから、無理を言って名主様の家に泊まったという。
芭蕉はテレビタレント並みの有名人だったのだろうか。
また、こんな驚くような記述もある。

六日。天気能。亀ヶ岡八幡へ詣。城ノ追手ヨリ入。俄二雨降ル。茶室へ入、止テ帰ル。
むいか。てんきよし。かめがおかはちまんへもうず。しろのおいてよりはいる。にわかにあめふる。ちゃしつへはいり、やみてかえる。

伊達氏の氏神である亀ヶ岡八幡に参拝した後、青葉城に立ち寄り、何と追手門から堂々と入り、茶室に案内されている。
千利休並みのもてなしである。
当時の厳しい身分制度からして有り得ないことであるそうな。
これほど身分の高い人物は誰だったのか。
芭蕉と曾良以外に、表に出ない誰かがいたのか。
他にもまだまだ不思議な記述があるが、要は行く先々で丁重な扱いを受け、道中盗賊や追い剥ぎの類に狙われることもなく、宿で金品の盗難に遭うこともなく、旅費に困ることもなく旅を無事に終えている。
謎が多いのである。

以上、私が調べた訳ではなく、ある本からの引用であるが。
今も昔も、世の中上っ面だけでは分からない裏があるって事でしょうな。





13日目 おらだの川公園キャンプ場にて終了

3泊した横沢公園キャンプ場を去ることにした。
もう1泊しても良かったのだが、サンバーの運転席側、屋根半分から側面にかけて樹液が、霧吹きで吹いたみたいに付着しているのが気になって移動することにした。
樹液は塗装を痛めることがあるので、早めに洗車が必要だ。
出発してすぐのスタンドで給油がてら洗車機をくぐらせた。
途中、道の駅十文字、道の駅おがちと寄りながら国道13号線を南下して行き、午後3時前に到着した。
温泉で受付を済ませてキャンプ場へ。
若者2人組の先客がせっせとテントを組んでいた。

17070301.jpg

カブを降ろしたら、若者にスーパーを教えてもらってビールと総菜を調達。
湯に浸かったあとはのんびりするだけである。

17070302.jpg

17070303.jpg

ここのトイレは住民が気楽に使っているようで、ちょくちょく地元の車や営業車が入ってくる。
夕方になると車中泊車も3台入ってきた。
駐車場がそこそこ広いので適度な距離が保てるが。

サンバー走行距離126キロ

12日目 内蔵の街増田 その2

通りを歩いていると3階建ての建物が目についた。

17062701.jpg

見学できるようなので入ってみた。
300円だったかな。

17062702.jpg

17062706.jpg


17062703.jpg

2階の窓から外を覗くと、

17062704.jpg

やはりこの町にも荒れた廃屋があった。

17062705.jpg

17062707.jpg

もっか売り出し中とあれば修理保存し活用して欲しいと思うが、無理だろうな。
増田の街から県道274号に移動し『釣りキチ三平の里』を目指した。

17062708.jpg

17062709.jpg

スキー場のある山道を登って行った先にあったのは、何のことはない、ただのこじんまりした釣り堀だった。

17062710.jpg

映画『釣りキチ三平』のロケ地は秋田の茅葺き古民家が多く残る北の又集落周辺で、大平山キャンプ場をベースにそこを訪れる予定だったのだが。
だいたい、白状すると、出発前に時間を掛けて探索予定地やキャンプ場、車中泊できそうな駐車場など、あれこれ調べてプリントアウトしたファイルを、あろうことか家に忘れてくるという大失態を犯していた。
携帯したノートパソコンにはデータを移行してなかったし、おまけに健康保険証も忘れていた。
3年ぶりの東北気まま旅ということで、出発にあたって、どこか平常心でないところがあったのだろう。
我ながら情けない。
『釣りキチ三平の里』が期待外れだったので県道を奥へと進んでみた。

17062801.jpg

17062802.jpg

17062803.jpg

17062804.jpg

17062805.jpg

ようやく、らしくなってきた。

17062806.jpg

滝ノ下という地区だった。

17062809.jpg

17062810.jpg

17062811.jpg

ちょっと神秘的な趣のある湧水と遭遇した。
私の撮影ではその雰囲気はほとんど伝わらないが。

17062812.jpg

これにて行き止まりだったか。

17062814.jpg

引き返して国道342号に出て、県道40号の民家の全く無い峠越えルートで横手市街まで戻った。

17062815.jpg

途中の道の駅さんないは日曜日のせいで、駐車場が満杯状態のように見えたのでスルーした。
ベースキャンプ近くの交差点のコンビニで弁当とビールを買い、夕方5時近くなって帰着した。
少し先のスーパーのほうが安くて総菜も品数豊富なのは分かっているが、何も買わずに出掛けにゴミばかり捨てさせてもらって、いささか気が引けるので。

カブ走行距離162キロ


12日目 内蔵の街増田

横沢公園キャンプ場には立派な炊事棟がある。

17062601.jpg

椅子付きのテーブルが並んでいてコンセントも数か所に設置してあり、ちゃんと通電している。
水道の蛇口を捻るとモーターの作動音が微かに聞こえて水が出るが、貯水槽が老朽しているのか、錆の混じった濁り水だ。
しばらく放置していると濁りが消えるが、時間が掛かる。
このキャンプ場唯一の難点だが、無料で使わせてもらって苦情なんか言えた義理じゃない。
湯を沸かしパックのコーヒーを淹れてのんびり朝の一服。
この日も朝から晴れて日差しが強いが、風は涼しい。
携行缶からカブにガソリンを満タンに補給したら出発だ。
国道13号からナビの指示で雄平東部広域農道へと誘導された。
行き着いた先で案内標識に従って増田市街へと入った。

17062602.jpg

ここは近年観光地として売り出し中らしい。
そのせいか駐車場やトイレの施設が追い付いていない。
こちらはカブなので困ることはないが、銀行裏の駐車場に屋根付きの駐輪場を見つけた。
ヘルメットと樹脂パーツだらけのカブは、駐車中の直射日光は出来るだけ避けてやりたい。
カメラ片手にブラブラ歩き出す。

17062603.jpg

見所は内蔵なので外観からは分からない。
とりあえず手前の家から入ってみた。
見学料は200円。
良心的だ。
家主が待機していて案内してくれる。
内部はこんな感じ。

17062604.jpg

17062605.jpg

17062607.jpg

全て見て回った訳ではないが、

17062608.jpg


私的に一番のお勧めがここ。
うっかり外観を撮り忘れたのだが、薬局の店舗だったそうな。
とにかく、旧商品から宣伝看板まで良くぞこれだけ廃棄せずに残してたなあと敬服した。
ここまで来たら、もう全てが貴重な財産であろう。
以前宮ケ瀬のビジターセンターにあった、オモチャの北原(ナンでも鑑定団の)記念館を何故か思い出した。
こっちは薬局だが。

17062609.jpg

17062610.jpg

17062611.jpg

17062612.jpg

17062613.jpg

17062614.jpg

この少女のポスターは今で言うなら3Dというやつか。
見る角度によって、飛び出して見える。
実に懐かしい。
見学者は私一人だったので、家主さんが丁寧に案内してくれた。
料金は300円。
この春から公開を始めたばかりだと言っていたな。
その内観光客が増加すれば料金も全館500円くらいに統一して値上がりするかもしれない。
周遊券のようなパスの発行もありうる。
そうしたほうが良いかもしれないな。
当然、料金は高くなるが。
行くなら、大型バスが停められるような駐車場がまだ整備されていない、今のうちということになるか。

真夏でも10℃低いという地下蔵。

17062615.jpg

漆塗りの階段を上がって2階へ。

17062616.jpg

17062617.jpg

17062618.jpg

17062619.jpg

17062620.jpg

往時の大工職人の技と誇り、そして廃墟マニア言うところの大量の残留物、この二つが同時に見られるのはなかなか貴重である。
奥の蔵。

17062621.jpg

昔はもっと大量に保存食の樽が並んでいたそうな。

17062622.jpg

他の蔵は床が板張りだが、ここは珍しく石葺きである。
そして私にとっての極め付けがこれ。
上がり框と言うんだっけ、これが植木鉢のずっと向こうまでの一枚板であった。

17062623.jpg

これ、バーのカウンターにしたら幾らの値段が付きますかねえ?と私。
さあ、想像もつきませんが、と興味なさそうな家主さんであった。




11日目 六郷湧水群

旧羽州街道を走って六郷湧水群を訪ねた。
その前に道路看板にあった払田柵跡を見物に。
田植えシーズン真っ盛りのこんな道なら迷うこともない。

17061401.jpg

奈良から平安時代の役所跡らしい。

17061402.jpg

17061403.jpg

17061405.jpg

復元された石垣のごく一部が当時のものであるそうだが、とくに感想はなし。

街道に戻り六郷へ。
市街に入り、さて湧水群は何処やら。
通りがかりのおばちゃんに聞くと、案内所があるからそこへ行けと言う。
すぐそこと言われた案内所へ行くと、係りのお姉ちゃんが地図にマーカーで線を引きながら親切に見所を解説してくれた。
しかし観光用のポスターというのは良く出来ている。
プロカメラマンの腕がいいというべきか。
私が撮影するとこの程度だが。

17061406.jpg

17061407.jpg

似たような画像ばかりになるので途中省略。

17061408.jpg

17061409.jpg

この湧水は趣のある古い建物の中庭にあった。

17061410.jpg

17061411.jpg

古い寂れた神社に立ち寄った。

17061413.jpg

17061414.jpg

17061415.jpg

社務所のブロック塀も傾いているし、てっきり無人の荒れ神社だろうと思っていた。
参拝を済ませた後だったか、社務所の窓のところに貼り出してある張り紙の内容を読んでみるかと近づいたら、左のカーテンの後ろに女性の顔が半分見えた。
正直ドキッとした。
まさか人がいるとは。
ちょっと躊躇ったが窓が10センチほど開いていたので側まで行ってみた。
中にいたのは作務衣のような服を着た柔和な顔の年配の女性だった。
素直に言うことを聞かない窓を何とか開けてくれる。
開けましょうかと言ったのだが「いえ」と断られた。
通いですかとバカな質問をすると、住んでますよと嫌な表情に変わることもなくお答えになった。
随分と痛んでるようですがと言うと、前はもっと酷かったらしい。
やっと本殿の屋根の修理が出来たんだそうな。
予算がなくてなかなか他まで手が回らないと言いながら、それでも女性はにこやかである。
宮司さんですかと聞くと宮司はいま出掛けてますということだった。
夫婦でお住まいということか。
これで、じゃどうもというわけにはいかないので、せめてお御籤を買うことにした。
それでもわずか100円だが。
私は初詣で神社にお参りしてもお御籤は引いたことがない。
お盆に散らばったあまたの籤の中から女性に選んでもらって、そのままポケットにしまった。
礼を言って帰りがけ、社務所横に止まった車から袴を履いた宮司が太鼓片手に降りてきた。
女性からよろしかったらどうぞと貰った由緒書きには、この神社の名は秋田諏訪宮とある。
創建は802年。
信濃國から諏訪大神を奉じて征夷中の大将軍坂上田村麻呂の命を受け、 「拂田柵」を造営中の副将軍文室綿麻呂により柵の南に創建。
「拂田柵」とは、ここへ来る途中寄ったあそこか。
宮司さんは創建から続く40代目であった。
また 『 明治天皇御巡幸に際し、宮司宅(社務所)を御小休所とする。(建物現存)』とある。
画像にある壊れかけた離れのような建物がそれであろうか。
少額なりとも寄付してくればよかったと、今になって後悔している。
神社脇の道を隔てた休憩所に寄り、名水抹茶350円で一休み。
おばちゃん一人とおばちゃんと呼ぶにはちょっと失礼かなという女性が一人。
今後の見所を聞くと、ちょっと距離があるが増田の内蔵の街が、いま観光地として売り出し中で良いところだそうな。
その際、パンフの地図を持ってきて私の傍らに立って説明してくれたのだが、この日は晴れて気温が上がったこともあり、ここんとこ風呂に入ってないなあと不安になった。
観光はここで切り上げキャンプ地に戻り、着替えと風呂道具を前カゴに入れて初日に周辺説明を受けた温泉へ。
この温泉は露天風呂のある小さな浴槽と、露天のない大き目の浴槽の2種類あるというので大き目へ。
多分空いているだろうと思ったら貸し切りだった。
大広間では昼下がりのまだ早い時間であるが、老人たちがカラオケ大会で大盛り上がりだった。
私も、もう少し年を取ったらこういう楽しみに向かうのだろうか。
キャンプ地に戻ったらパソコンとビール抱えてWi-Fiの東屋へ。
ここの唯一の難点は西日がもろに直撃することである。
この日は昨日の女の子二人にもう一人加わって楽しそうに何かやってた。
お邪魔しますと一声掛けた。
ふとポケットのお御籤を思い出し、開けてみた。
中吉。
旅立ちの行を読んで思わず笑ってしまった。

17061601.jpg

今回の旅を神様に保証された。
出来すぎでしょう。

カブ走行距離 34キロ





プロフィール

sichirin

Author:sichirin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR