足首負傷 その後5

あれから一ヶ月以上が過ぎた。
右足首外側の出っ張った骨とアキレス腱の間の、頑固な腫れがかなり引いてきた。
だがまだ完治とは言い難い。
石ころなんかを踏んで不自然な着地のまま体重が掛かると、その部分に痛みがある。
しかも、運動不足のせいか不自然な歩き方のせいか、今度は腰が痛くなってきた。
ギックリ腰をやったときのような嫌な痛みである。
しばらく椅子に腰かけていて、立ち上がる時など「アイタタタ」と思わず声が出る。
まさに踏んだり蹴ったりですな。
そういう訳で、どうしようか迷ったが年に一度の事ではあるし、絶好のレース日和なのでサンバーで相模リバーサイドオフで開催されたスーパーライディング大会の見物に行ってみた。
参加台数100台以上だろうか。

18010701.jpg

川原の草レースであっても、レース会場というのは独特の雰囲気があって良いね。
綺麗なお姉さんもチラホラいるし。

18010702.jpg

キッチンカーも2台来ていた。

18010703.jpg

18010704.jpg

18010805.jpg

18010706.jpg

まさかここまでコースに設定するとは思わなんだ。

18010707.jpg

18010708.jpg

このBMWツアラーのライダーは自らに苦行を課すことが好きなのだろうか。

18010709.jpg

18010810.jpg

KLX125で挑戦しているライダーもいた。
ピットエリアではリアゲート開けっ放しで無人のトランポが何台かいるし、そもそも売店からして無人だし誰もそんなこと気にしないでレースを楽しんでいた。
ヨーロッパあたりではサーキットといえども考えられないことらしいが。
平和な日本の平和なレースがこの先も続くことを願わずにはいられない。
ゴールまでお付き合いしたかったが、立ちっ放しで腰が痛くなってきたので途中リタイアした。

久し振りにカブ

外して室内保管していたバッテリーを組み込んで、久し振りに乗り出した。
KLXもいいけど、これはこれで有りだなあ、と改めて実感した。
行き先は定番の鳥居原駐車場である。
風は冷たいが、日差しを背中に受けていれば震えながら走ることもない。

18010301.jpg

ふれあい館は、餅つきとか何かイベントでもやってるかなと期待していたが、いつもと変わらぬ通常営業だった。
年末にかけてキャベツなどの葉物野菜(でいいのか?)が高騰しているとカミさんが嘆いていたので、何かあったら買って帰ろうと思っていたが、農家さんはこの日休みらしかった。
カブの新型JA44は、生産台数が少ないとかでまだ行き渡ってはいないらしい。
評価が定まるまで、まだしばらくかかりそうだ。
ただ、話題のヘッドライトだが、切れたらアッセンブリ交換というのは本当だろうか。
寿命が長いとはいうけどなあ。

フロントスプロケット交換 その2

どなた様も、新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
31日の大晦日は、朝から曇りで最高気温が5℃、所により小雨や小雪がパラつくという残念な天候だったが、一転、元旦は穏やかに晴れ渡った。
さっそくKLXで走り出す前に、気になっていたコードの点検である。
カバーを外してみると、

18010101.jpg

心配したとおりの結果であった。
こうするのが正解である。
プラスティックの黒い長玉のようなものは、前回の画像にあるようにもう少し奥へ追い込むように配置する。
芸が細かいのである。

18010102.jpg

バイク屋さんに依頼した場合、店にもよると思うがオーナーさんは一度点検してみることをお薦めする。
もっとも、こんなミスするのは私だけかな。

いつもどおりに発進したら、グッと力強く出て一瞬オオッとなった。
住宅街の狭い道を路地から路地へと縫って走るのが、幾分軽快になったように感じた。
バイクメーカー全社共通で、オフ車のギア比のセッティングはオンロード向きに高めに設定してある。
林道重視ならフロント1丁落とし、さらにオフ専用ならリア3丁上げが昔からの定番チューンだった。
トップギア5速、5000回転で速度は50キロ。
ツーリング仕様ならこれが限界だろう。
川原に持ち込むのが楽しみである。

初詣は縄文の古代から連綿と続く、有鹿神社の奥宮を参拝した。

18010103.jpg

18010104.jpg

18010105.jpg

今年はKLXで林道メインにあちこち行ってみたいと思ってはいるが、どうなりますか。

フロントスプロケット交換

ノーマル14丁の乗り味を確認しておこうと、相模リバーサイドまで走らせた。
足首の腫れはまだ引かないし、踝までの靴を履くと当たる部分にまだ痛みがある。
長引くなあ、こりゃ。
ハンドルが若干曲がっていて違和感があったが、走っている間に慣れた。
ここのところ晴れ続きなので水溜まりも消えているだろうと思いきや、

17123001.jpg

どうなってんのかねえ。
水が湧き出ているのだろうか。
まだ積極的な乗り方はできないのでいいけどな。
眺めただけで、戻ってからスプロケ交換。

17123002.jpg

17123003.jpg

ついでに土埃にまみれたチェーンを洗浄した。
チェーングリス何かは使わない。
オフ車のチェーンはどうせ直ぐに泥だらけになるし、下手に長持ちさせようとか思わないで、消耗品と割り切って早めに交換が吉である、と思っている。
428サイズは安いので助かるね。
作業終了したら日が傾いてきて寒くなったので、試乗は明日に持ち越し。
あらためてアップした画像を見ていたら、ニュートラルセンサーのコードの取り回しが気になってきたので、走り出す前にもう一度確認してみようと思う。
スプロケカバーの下の保護プレートで噛んでないだろうか。
何であんな汚れやすく厄介なところにコードの配線するかなあ。

足首負傷 その後4

あれから3週間が過ぎた。
普通に歩けるようにはなったが、まだ痛みはあるし腫れも残っている。
思えば相当酷くやっちまったようだ。
たらればの話になるが、もしあの時モトクロブーツだったら、足首は無事だったとしても、その分、脛を骨折していたかもしれない。
ものは考えようですな。
246の2りん館の先にNAPS座間店が開店したのでサンバーで行ってみた。

17122701.jpg

平日の昼下がりなので、駐車場も店内も閑散としていた。
元はスキー用品のアルペンだった店舗で見つけやすく、すぐに分かった。
一通り見て回った感想は、2りん館ヤバいな。
コンビニは潰しあい商法で、勝手にやってくれて一向に構わないが、バイク用品店は何とか共存して欲しいものである。
129沿いのZOAもバイク用品フロアは縮小されたし。
KLX125の純正エアクリーナーがあったので購入してきた。

17122702.jpg

帰宅後、KLXの泥を噛んで戻りが悪かったアクセルグリップのメンテ。

17122703.jpg

取り外して分解清掃した。
バイクも乗ろうと思えば乗れるのだが、カミさんの目が何となく怖い。
へそを曲げられたら厄介なので自重している。

サンバーでの帰り道、交差点で信号が青に変わって発進しようとしたら、老夫婦のGが運転する車が悠然と左から出てきて右折していった。
こちらものんびり構えていたので、一瞬目が点になってやり過ごしたのだが、これがもし私の前に、あるいは横に元気いっぱいの兄ちゃんのバイクがいたら。
間違いなくどてっ腹に突っ込んで終了か、急ブレーキでロックさせて転倒か、どちらかだっただろう。
最近、老害運転の車や自転車、あるいはオバちゃんのズボラ運転が目に余るというか異常事態といっても良いのではないか。
バイクだと危険度はもっと増大するであろう。
それでも乗るけどね、ご同輩。

ついでに、どうしても黙ってられない話をもう一つ。
ガソリンスタンドに行くとき良く通る道で、宅地造成工事があった。
角地にあった赤い鳥居のお稲荷さんの祠を撤去したのだが、工事が終われば元に戻すと思いきや、おっそろしいことに何とそのまま売りに出していた。
この宅地の個数は12戸。
どうなっても知らねーぞー。
今後も要注目である。



プロフィール

sichirin

Author:sichirin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR