慣らし その2

サンバーに積んで宮ケ瀬に持ち込んだ。

17092001.jpg

まるで専用設計したようにスッポリと収まるのだった。
さっさと降ろしてバックミラーを取り付け、服を着替えたら出発だ。
鳥居原の駐車場を出たら虹の大橋に向かって、途中で右折。
荒井林道に入る。
時速は30キロ程度。
慎重にシフトを操作し、鳥居原近くの交差点に出たら、裏道を通って道志道へ抜ける。
バイパスを避け、旧道を走って本来の道志道に出たら後は山中湖まで。
ひたすら5000回転50キロ前後をキープである。

17092002.jpg

この日富士山は望めなかった。
ここから戻る。
ひたすらキープの走行である。
平日の道志道は通行車両はガラガラだ。
たまに道を譲る程度で、気楽に走行車線の真ん中を走らせることが可能だ。
ひたすらキープでさぞや苦行を強いられると思っていたら違った。
時速50キロ程度の走行が意外や快適だった。
なぜそうなるのかは分からない。
125㏄で非力だからという訳でもなさそうだ。
淡々と走らせながら欲求不満になることもないし、ストレスが溜まることもない。
カブ110よりも、ライダーにやる気を起こさせないバイクかもしれない。
車体から上がってくる情報の中に、そんな成分が含まれているのだろうか。
コーナリングは軽快そのもの。
イン側のステップを踏み込むだけでフイッと曲がる。
S字もヒョイヒョイとクリアーする。
対向ライダーから、たまに盛大なヤエーって言うんだっけ、あれが送られてくる。
もちろん私も手を振り返す。
klx125は予想外に楽しいバイクだし、ヤエーは愉快だし、対向車の人が私の顔を見たら、一人でニタニタ笑って気持ちの悪いオヤジだなと思われたかもしれない。
車もそうだが特にバイクは、実際に自分が乗車して走らせてみないことには本当のところは分からないものだなあと、今更ながらつくづく実感した。
オドメーターの距離97キロ。
800キロまで、あと7回山中湖までの往復を繰り返すことになるのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sichirin

Author:sichirin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR