FC2ブログ

20日目 昭和森林公園キャンプ場にて終了

道の駅あいずの早朝は霧に包まれていた。
駐車場を出てすぐの三叉路の信号は点滅信号になっていた。
慎重に左右を確認して進路を右へ。
最初に現れたコンビニで朝食を摂っている間に霧は晴れたようだ。
道の駅奥会津を目指した。
カーナビが指示した国道401号線、坂下街道は酷道だった。
博士峠を越えて道の駅奥会津には7時半に到着した。
駐車場は広いが建物は小規模で休憩所も無し。
サンバーで周辺を下見して時間を潰し、周辺検索で見つけたキャンプ場へ。
さて、どんなところでしょうか?

管理棟

17081501.jpg

向かいに炊事棟

17081502.jpg

ここから車で更に奥へ入ったところが駐車場があって、トイレや炊事棟のあるキャンプ広場になっていた。
料金は1200円。
温水シャワーもあるようだ。
誰もいないようだがどうするかなと思案していたらカブに乗ったオヤジが来た。
管理人だった。
車中泊だったらどこに停めても良いというので即決。
炊事棟脇に停めたかったが、地面が傾斜していて我慢できそうにない。
何度も切り返して着地点を定めようとしたが、どうしても傾きが収まらないので、結局管理棟の目の前、松の木の傍らで妥協した。
このキャンプ場について少し詳しく書くと、管理人は夕方5時には帰宅する。
利用客がいれば管理棟は開いている。
照明は自由だし、NHKしか入らないがテレビもある。
ということは、一人ならテントを張らずにここに泊まるという手もありだろう。
広々と使えて何かと快適かもしれない。
あまり堂々とやっちゃまずいだろうけど。
ただし残念なことにスマホは電波が届かないし、Wi-Fiサービスもない。
それほどの山の中でもないのだが。
落ち着いたところでカブを降ろし、道中で気になる町並みがあったので、はるばる越えてきた峠を再度辿ることにし、旧道探索に取り掛かった。
結論から言うと奥会津、恐るべしであった。

17081601.jpg

「宿場町の面影が残る」とはありふれた表現だが、実際にはそんな集落が残っているところはそうは多くはない。
ところが奥会津は脇道にそれると、ほぼすべての集落にそんな面影が色濃く残っているのであった。

17081602.jpg

17081603.jpg

17081605.jpg

17081606.jpg

17081607.jpg

17081608.jpg

17081609.jpg

17081610.jpg

17081611.jpg

カブで、これほど走り応えのある地方は初めてだった。
予備知識などまったくなかったが、来て正解だった。
巡り合ったとも言えるだろう。
高揚を抑えつつ、通り過ぎてきた会津高田の街へ向かった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sichirin

Author:sichirin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR