道の駅七ヶ宿 その4

峠を下ってきて最初に出会う保存家屋。

17080501.jpg

見学料300円だったかな。
内部はだいたい似たようなものだろうと、取りあえずスルーした。
楢下宿は小さな宿場町で、見て回るには徒歩で充分事足りそうだった。

17080502.jpg

しかし、食べ物屋もないし食料品を扱う雑貨屋なんかも見当たらない。
小さな豆腐屋さんの店先に、かろうじて飲料の自販機があったが。

17080503.jpg

内部の見学は無料だった。

17080504.jpg

17080506.jpg

17080505.jpg

17080507.jpg

17080508.jpg

この日、私以外の目にとまった観光客は、若いカップルとシルバーの夫婦の二組くらいか。
静かでいいけど、ちょっと寂しいね。

17080509.jpg

2軒目の古民家。

17080510.jpg

ここは解放されてなかったんだっけか、内部の画像がない。
続いて3軒目。

17080511.jpg

ここは2階があって、住んでみたいと思える特徴ある家屋だった。

17080512.jpg

17080513.jpg

17080514.jpg

17080516.jpg

蔵の内部。
バイクガレージにどうでしょう。

17080517.jpg

2階部分。

17080518.jpg

17080519.jpg

1階広間を見下ろせる構造になっている。
即日入居可の優良物件のようだった。

修復中の家屋。

17081002.jpg

17081004.jpg

石橋を渡った先には、茅葺き古民家が残っていた。

17081006.jpg

17081007.jpg

この屋根から、煙が立ち昇ることはもうないだろうが。

17081008.jpg

楢下宿から国道13号線に突き当たるまでカブを走らせたが特に見所もなく、途中から県道268号線を使って道の駅七ヶ宿へと引き返した。
サンバーにカブを積み込み、駅施設側の駐車場へと移動し、この日は終了とした。

カブ走行距離93キロ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sichirin

Author:sichirin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR