16日目 道の駅七ヶ宿にて終了 その2

少し走った先にあった稲荷神社。

17072401.jpg

参道に立ち並ぶ鳥居。

17072402.jpg

17072403.jpg

社殿は補修工事中のようだ。

17072404.jpg

爺ちゃん婆ちゃんと孫娘の図。

17072405.jpg

こうして地域の信仰は受け継がれていくんだろうな。
戻ったら駐車場に旅バイクが止まっていた。

17072406.jpg

凄え。
私の体力では無理だな。
下り坂のどん詰まりにうっかり進入したら、Uターンは不可能だろう。
転倒させたら起こすだけで腰を100%痛める自信がある。
それでも、この佇まいは迫力がある。
ただ、気掛かりなのは無防備な電子機器類だ。
カーナビと、あとは何だろう?

17072407.jpg

ヘルメットもハンドルにぶら下げたまま。
盗まれたり悪戯されたりした経験はないのだろうか。
余計なお世話には違いないが。
ライダーが戻ってきたらちょっと話したいと思ってしばらく待っていたが、姿が見えないのでサンバーで後にした。
無断撮影、無断使用ということになるのだが、許してもらえるだろうか。

材木岩こちらの看板に引かれて道を進んだ。
材木岩とはなんぞや?
車上荒らしに注意と大きく書かれた看板のある駐車場にサンバーを停め、歩き出す。
前方に見えてきた、あれがそうか。

17072501.jpg

近づいてみると、なかなかの見応えだった。
川の向こう岸なので、眺めるだけだが。

17072502.jpg

17072504.jpg

柱状節理というやつか、崩れ落ちた角ばった岩礫。
例によって私の撮影では、ここの迫力は伝わらない。

17072506.jpg

途中にあった大木。

17072508.jpg

17072509.jpg

立派な道路を開削する前は聖地のような存在だったと伺える。

17072510.jpg

復元された氷室内部。

17072511.jpg

わざわざ上戸沢宿から移設してきた検断屋敷。

17072512.jpg

行政はなにが何でも、この地を観光地に仕立て上げたいらしい。
管理人のおばちゃんと囲炉裏。

17072513.jpg

立ち昇った煙は、

17072514.jpg

見事に茅葺き屋根を透過して大気へと拡散されていくのであった。

17072516.jpg

昔は珍しい光景でも何でもなく日常のことだったと思うが、私には初めて目にする、情景とも表現したくなるものだった。

『関宿』近くのスーパーマーケットのようなファミリーマートでビールと惣菜を調達して道の駅七ヶ宿に戻った。
広大な低地の駐車場は敬遠して、道の駅施設側の駐車場で車中泊することにした。
道の駅の営業終了後、安眠できるように駐車場の端っこにサンバーを移動させた。
乗用車の若者一名、離れた所から、このおっさんもここで寝るのかなと伺うようにちらちらと視線を向けてくる。
今夜のお仲間はこの若者一人のようだ。
お互い同胞がいるのは心強い。
トイレに行ってブラブラしてると、低地の駐車場を突っ切って、自転車旅の男が公園の奥へと走り去っていった。

17072601.jpg

早朝に到着した際、周辺をサンバーで偵察して、奥にもパークゴルフ場などがあってトイレ施設があるのは確認済みだったが、下調べでもしていたのか奴はひと気のないそこでテントを張るのだろう。
野宿旅の連中は本当に逞しいなと感心する。

サンバー走行距離 169キロ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sichirin

Author:sichirin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR