12日目 内蔵の街増田

横沢公園キャンプ場には立派な炊事棟がある。

17062601.jpg

椅子付きのテーブルが並んでいてコンセントも数か所に設置してあり、ちゃんと通電している。
水道の蛇口を捻るとモーターの作動音が微かに聞こえて水が出るが、貯水槽が老朽しているのか、錆の混じった濁り水だ。
しばらく放置していると濁りが消えるが、時間が掛かる。
このキャンプ場唯一の難点だが、無料で使わせてもらって苦情なんか言えた義理じゃない。
湯を沸かしパックのコーヒーを淹れてのんびり朝の一服。
この日も朝から晴れて日差しが強いが、風は涼しい。
携行缶からカブにガソリンを満タンに補給したら出発だ。
国道13号からナビの指示で雄平東部広域農道へと誘導された。
行き着いた先で案内標識に従って増田市街へと入った。

17062602.jpg

ここは近年観光地として売り出し中らしい。
そのせいか駐車場やトイレの施設が追い付いていない。
こちらはカブなので困ることはないが、銀行裏の駐車場に屋根付きの駐輪場を見つけた。
ヘルメットと樹脂パーツだらけのカブは、駐車中の直射日光は出来るだけ避けてやりたい。
カメラ片手にブラブラ歩き出す。

17062603.jpg

見所は内蔵なので外観からは分からない。
とりあえず手前の家から入ってみた。
見学料は200円。
良心的だ。
家主が待機していて案内してくれる。
内部はこんな感じ。

17062604.jpg

17062605.jpg

17062607.jpg

全て見て回った訳ではないが、

17062608.jpg


私的に一番のお勧めがここ。
うっかり外観を撮り忘れたのだが、薬局の店舗だったそうな。
とにかく、旧商品から宣伝看板まで良くぞこれだけ廃棄せずに残してたなあと敬服した。
ここまで来たら、もう全てが貴重な財産であろう。
以前宮ケ瀬のビジターセンターにあった、オモチャの北原(ナンでも鑑定団の)記念館を何故か思い出した。
こっちは薬局だが。

17062609.jpg

17062610.jpg

17062611.jpg

17062612.jpg

17062613.jpg

17062614.jpg

この少女のポスターは今で言うなら3Dというやつか。
見る角度によって、飛び出して見える。
実に懐かしい。
見学者は私一人だったので、家主さんが丁寧に案内してくれた。
料金は300円。
この春から公開を始めたばかりだと言っていたな。
その内観光客が増加すれば料金も全館500円くらいに統一して値上がりするかもしれない。
周遊券のようなパスの発行もありうる。
そうしたほうが良いかもしれないな。
当然、料金は高くなるが。
行くなら、大型バスが停められるような駐車場がまだ整備されていない、今のうちということになるか。

真夏でも10℃低いという地下蔵。

17062615.jpg

漆塗りの階段を上がって2階へ。

17062616.jpg

17062617.jpg

17062618.jpg

17062619.jpg

17062620.jpg

往時の大工職人の技と誇り、そして廃墟マニア言うところの大量の残留物、この二つが同時に見られるのはなかなか貴重である。
奥の蔵。

17062621.jpg

昔はもっと大量に保存食の樽が並んでいたそうな。

17062622.jpg

他の蔵は床が板張りだが、ここは珍しく石葺きである。
そして私にとっての極め付けがこれ。
上がり框と言うんだっけ、これが植木鉢のずっと向こうまでの一枚板であった。

17062623.jpg

これ、バーのカウンターにしたら幾らの値段が付きますかねえ?と私。
さあ、想像もつきませんが、と興味なさそうな家主さんであった。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sichirin

Author:sichirin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR