FC2ブログ

11日目 六郷湧水群

旧羽州街道を走って六郷湧水群を訪ねた。
その前に道路看板にあった払田柵跡を見物に。
田植えシーズン真っ盛りのこんな道なら迷うこともない。

17061401.jpg

奈良から平安時代の役所跡らしい。

17061402.jpg

17061403.jpg

17061405.jpg

復元された石垣のごく一部が当時のものであるそうだが、とくに感想はなし。

街道に戻り六郷へ。
市街に入り、さて湧水群は何処やら。
通りがかりのおばちゃんに聞くと、案内所があるからそこへ行けと言う。
すぐそこと言われた案内所へ行くと、係りのお姉ちゃんが地図にマーカーで線を引きながら親切に見所を解説してくれた。
しかし観光用のポスターというのは良く出来ている。
プロカメラマンの腕がいいというべきか。
私が撮影するとこの程度だが。

17061406.jpg

17061407.jpg

似たような画像ばかりになるので途中省略。

17061408.jpg

17061409.jpg

この湧水は趣のある古い建物の中庭にあった。

17061410.jpg

17061411.jpg

古い寂れた神社に立ち寄った。

17061413.jpg

17061414.jpg

17061415.jpg

社務所のブロック塀も傾いているし、てっきり無人の荒れ神社だろうと思っていた。
参拝を済ませた後だったか、社務所の窓のところに貼り出してある張り紙の内容を読んでみるかと近づいたら、左のカーテンの後ろに女性の顔が半分見えた。
正直ドキッとした。
まさか人がいるとは。
ちょっと躊躇ったが窓が10センチほど開いていたので側まで行ってみた。
中にいたのは作務衣のような服を着た柔和な顔の年配の女性だった。
素直に言うことを聞かない窓を何とか開けてくれる。
開けましょうかと言ったのだが「いえ」と断られた。
通いですかとバカな質問をすると、住んでますよと嫌な表情に変わることもなくお答えになった。
随分と痛んでるようですがと言うと、前はもっと酷かったらしい。
やっと本殿の屋根の修理が出来たんだそうな。
予算がなくてなかなか他まで手が回らないと言いながら、それでも女性はにこやかである。
宮司さんですかと聞くと宮司はいま出掛けてますということだった。
夫婦でお住まいということか。
これで、じゃどうもというわけにはいかないので、せめてお御籤を買うことにした。
それでもわずか100円だが。
私は初詣で神社にお参りしてもお御籤は引いたことがない。
お盆に散らばったあまたの籤の中から女性に選んでもらって、そのままポケットにしまった。
礼を言って帰りがけ、社務所横に止まった車から袴を履いた宮司が太鼓片手に降りてきた。
女性からよろしかったらどうぞと貰った由緒書きには、この神社の名は秋田諏訪宮とある。
創建は802年。
信濃國から諏訪大神を奉じて征夷中の大将軍坂上田村麻呂の命を受け、 「拂田柵」を造営中の副将軍文室綿麻呂により柵の南に創建。
「拂田柵」とは、ここへ来る途中寄ったあそこか。
宮司さんは創建から続く40代目であった。
また 『 明治天皇御巡幸に際し、宮司宅(社務所)を御小休所とする。(建物現存)』とある。
画像にある壊れかけた離れのような建物がそれであろうか。
少額なりとも寄付してくればよかったと、今になって後悔している。
神社脇の道を隔てた休憩所に寄り、名水抹茶350円で一休み。
おばちゃん一人とおばちゃんと呼ぶにはちょっと失礼かなという女性が一人。
今後の見所を聞くと、ちょっと距離があるが増田の内蔵の街が、いま観光地として売り出し中で良いところだそうな。
その際、パンフの地図を持ってきて私の傍らに立って説明してくれたのだが、この日は晴れて気温が上がったこともあり、ここんとこ風呂に入ってないなあと不安になった。
観光はここで切り上げキャンプ地に戻り、着替えと風呂道具を前カゴに入れて初日に周辺説明を受けた温泉へ。
この温泉は露天風呂のある小さな浴槽と、露天のない大き目の浴槽の2種類あるというので大き目へ。
多分空いているだろうと思ったら貸し切りだった。
大広間では昼下がりのまだ早い時間であるが、老人たちがカラオケ大会で大盛り上がりだった。
私も、もう少し年を取ったらこういう楽しみに向かうのだろうか。
キャンプ地に戻ったらパソコンとビール抱えてWi-Fiの東屋へ。
ここの唯一の難点は西日がもろに直撃することである。
この日は昨日の女の子二人にもう一人加わって楽しそうに何かやってた。
お邪魔しますと一声掛けた。
ふとポケットのお御籤を思い出し、開けてみた。
中吉。
旅立ちの行を読んで思わず笑ってしまった。

17061601.jpg

今回の旅を神様に保証された。
出来すぎでしょう。

カブ走行距離 34キロ





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sichirin

Author:sichirin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR