ブラカブ 八菅神社

下谷地区から八菅橋で中津川を渡ると、目の前が八菅(はすげ)神社に至る参道である。
これから「やすげ神社」にでも行ってみる、と山十邸の管理人のオバチャンに言ったら「ハスゲ神社」ね、とすかさず訂正されたっけ。
駐車場にカブを停めたが、片隅には自転車の大集団が。
子供たちが集まっているとしたら、ちょっと騒々しいかなと懸念しながら神社に向かう。
参道でジャージ姿の娘3人に「こんにちわ」といきなり挨拶されて面食らう。
石段前には坊主頭の男子たち。
女の子に聞いたら高校の野球部だという。
彼らも口々に「こんにちわ」と挨拶してくれる。
そう指導されているのだろう。
私も高校の時は運動部に所属していたが、女子マネージャーの存在など有り得なかった。

16122116.jpg

来たことを半ば後悔しながら長い石段を一歩一歩上がっていく私の脇を、高校生が軽々と駆け上がっていく。
私にもこんな時代があったんだけどなあ。
長い石段を登りきった先には鎮守の森があり、野球部員はここで女坂を下って戻り、また石段を駆け上がるというトレーニングを繰り返していた。
最上段には女子高生が一人立っていて、ストップウオッチ片手にタイムを計測し「10秒経過ー」などと朗らかに読み上げていた。
その向こうには、さらに石段の追い討ちであった。

16122120.jpg


16122117.jpg

辿り着いた八菅神社は横に長い神社だった。
着ていた冬ジャケとフリースを脱いで、噴き出した汗をハンカチでぬぐった。
野球部員達もここまでは登ってこない。

16122118.jpg

今も3月には火渡りの儀式が行われているらしいが、そうとは思えない寂れた無人の境内だった。
一人づつ黙々と石段を駆け上がる野球部員の男子と、それを支援する女子マネージャー。
日本独特の光景だろう。
ここまで離れるとタイムを告げる内容ははっきりとは聞き取れず、ただ女子高生の高く澄んだ声だけが、静かな鎮守の森に歌声のように反響していた。
今どきの高校生が『純』だなどとは思っちゃいないが、やたら明るく健康的な彼らも、やがて否応なく社会の荒波へと押し出されていく日が来る。
アルバイトで働いているとはいえ、半ばリタイアした私からみると何故かちょっと切ないというか遣る瀬ないというか、そんなセンチな感情が、私の錆びついた筈の心に浮かんで揺れた。
社殿に向かって礼拝する私の背中に届く女子高生の声が、巫女の神々への呼び掛けのように聞こえたせいかもしれない。
何十年か経って、彼らの誰か一人でも、懐かしくこの石段を見上げることがあるだろうか。
ここのところ神社仏閣などに対する破壊行為が続いている。
この八菅神社も放火されればひとたまりもなく全焼消失し、残るは崩れ掛けた石段だけとなるだろう。
あまり政治的なことは書きたくはないが、これは日本と日本人に対する明確なテロ行為と認識すべきだ。
いつまで日本人は大人しい、お人好しを続けるのだろうか。
この環境はいつまでも守らなければならないと私は思うが。

16122119.jpg

八百万の神々もさぞお怒りだろうな。
ポカポカ陽気に乗せられて中津川沿いの道を、宮ヶ瀬まで遠回りして帰ることにした。
途中にあった石神社。

16122121.jpg

16122122.jpg


八菅神社つながりの神社のようだ。
もう使われることもないであろう、小さな神楽殿。

16122123.jpg

これが『たいへい岩』だろうか。

16122124.jpg

16122125.jpg

社殿の脇に立っている石柱。

16122126.jpg


はっきりとは読み取れないが、是より、登、禁という3文字が分かる。
禁を破って岩に近付いてみた。
ここでどんな秘儀が行われていたのだろうか。

16122127.jpg

天然記念物に指定されてもおかしくないような藤蔓だと思うが。

16122128.jpg

この後、宮ヶ瀬を回って帰ったのだが、ダム湖沿いではさすがに気温がぐっと下がった。
夏場でもこのくらいの温度差が体感できればいいのだが、夏の暑さは平地とさほど変わらないように思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:sichirin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR