カブツー 檜原村 その2

手始めに林道入間白岩線を下りきった所で分岐する倉掛林道に入ってみた。

16112008.jpg

舗装路が途切れたところで道はすぐに行き止まる。
すぐ傍にはトタン屋根の作業小屋があって、軽トラが一台止まっていた。
道があるようだが軽トラは先を塞ぐように止められていた。
山に入っているのだろうか、人の気配はなかった。

16112009.jpg

まだ先がありそうだが、

16112010.jpg

徒歩で確かめると、

16112011.jpg

ほぼ廃道だった。
後で分かったことだが、ここが廃村茗荷平であるそうな。
やはり軽トラの先を見てみるべきだったか。
この日は初日の下見なので、次に向かった。
ここが林道月夜見線の入り口である。

16112012.jpg

舗装林道で距離もたいしたことはないが、お約束の路面を覆い尽くす落ち葉とその下に角ばった落石という歓迎を受けた。
これぞ冬の林道である。
2速で慎重にカブを進めていると、身延や秩父を思い出す。
絶えて久しいワクワク感が戻ってきた。

16112013.jpg

林道は広場に出て終わりとなった。

16112014.jpg

私の読みでは、この林道から航空写真で見える山中の家屋群へと続く道がありそうに思えたのだが、

16112015.jpg

それらがある筈の山腹とは深い谷川で隔絶されて連絡する橋の一本もなかった。
読みは見事に外れた。
やはり現地に来てみないと分からない。
ま、今回は下見だから。
意気消沈で戻り、試しに細い急坂を駆け上がってみると、

16112016.jpg

今に残る萱葺き古民家を発見した。
幸先が良い。
そーっと奥を覗くと布団が干してあったのでまだ住人がいるようだ。
立ち入ることなく退散したが、今後に大いに期待が持てた。
探索すればこれから先、こんな古民家がわんさか出てくるに違いない。
藤倉集落の案内板。

16112017.jpg

分かるようで、実際には分かりづらい。
この後はだいたいの土地感を掴むため本宿の交差点まで行ってみたり、時間の許す限り走り回ってみた。

16112018.jpg


16112019.jpg

気まぐれな天候をもう一度期待したいが、本格的な檜原村探訪は来季に持ち越しだろうな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sichirin

Author:sichirin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR