FC2ブログ

カブツー 孤立民家 上野原 その2

お婆ちゃん家から戻る途中に見下ろした集落。

16110611.jpg

のどかな景色だった。
お婆ちゃん家の前の樹木が成長する前は、庭から下界がよく見下ろせたそうである。
この景色を、もっと上から毎日眺めていたのだろう。
建て込んだ住宅街で暮らす私と、精神的に何らかの影響の違いはあるのだろうか。
ただしコンビニもスーパーも、飲み屋さえこの集落にはないが。

集落を少し下って、谷川沿いの道へ入る。

16110612.jpg

橋を渡って、

16110613.jpg

登った先で道が途絶えた。

16110614.jpg

さて、こっから先は徒歩だろうか。
航空写真のプリントを手に民家の脇道をウロウロ。
運良く庭先に女性がいたので聞いてみた。
見てください。
こんな山の中に家があるんですよ。
たぶん萱葺きの古民家で今は誰も住んでないと思うんですが、どんな所か行ってみたくて。
と、こんな感じで説明したと思う。
女性は航空写真を手にしばらく眺めていたが、ここですよ、ここがそうですよ、でも萱葺きじゃないですよと屋根を振り仰ぐように顔を上げて言うのだった。
えっ、ここがそうなんですか。
隣が何々さんの家だからここです、と無常にもきっぱりと断言した。
私はてっきりもっと先の山の中だと思い込んでいたのだが。
つい、何だあ、辿り着いちゃったのか、と私が落胆したように呟くと、女性は可笑しそうに笑った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sichirin

Author:sichirin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR