冬場はバイクもそうだが

サンバーにもあまり乗らない。
なので月一回程度は宮ヶ瀬まで、とくに用事がなくても、転がすようにしている。
で、今日はその宮ヶ瀬で強烈な個性のバイクというかサイドカーに出会った。
ラウルという、ロシアにバイクメーカーがあることさえ驚きだが、それが日本に輸入販売されていることも、さらに驚かされる。
サイドカーの名称は確かGEAR UPだったか。
それが、これ。
画像はラウル、ジャパンから借用した。

hero-lg.jpg


駐車するときバックギアで後退していた。
バイクが利用する駐車場を避けて、興味深々で見ている私の目の前に下がってきた。
ヘルメットを取ったオーナーはまだ若い青年だった。
物好きなおやじどもが(含む私)取り囲んで、さっそく質問責めにした。
エンジンは水平対抗のボクサーエンジン。
BMWのパクリだと思うが、そこはロシア製ってことで。
始動はキックだ。
タイヤもメイドインロシア。
ロシアってタイヤも自国で生産してたのか。
後輪のドライブシャフトを側車のホイールと連結すると、なんと2WDになるらしい。
ただしディファレンシャルギアがないので舗装路ではコーナリングができない。
その分、ダートではスライドさせてコーナーを曲がるんだとか。
相模川のダートを走ってきたという車体は泥だらけだった。
価格は約200万。
日本には200台くらい棲息しているらしい。
まさに珍車である。
しかしこれ、側車を外してバイク単体で売り出せば、あのハーレーさえ霞むような強烈な個性で、それなりに売れると思うが輸入上の問題で、日本にはまだ2台しか入っていないそうである。
細部をしげしげと観察していて、イメージが何かに似ているなあと思っていたのだが、そう、あれだ。
私が子供の頃、荷台に米や一升瓶が並んだ木箱や、夏場は氷を積んで街を走っていた、あの頑丈一点張りの黒い荷役自転車。
若い人は知らないだろうなあ。
懐かしいあれを連想してしまった。
こりゃ、オヤジどもに受けるわけだ。

宮ヶ瀬の鳥居原駐車場は今日も変わらずライダーの聖地であった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヤバイですねこれ。
すごくゾクゾク来ます!!
デザインが渋すぎます。
ほしいです。
こんなのあったんですね!!

No title

喰いつきましたね(笑)。
予想してました。
エンジンの最高回転は5800回転。
快適に走れる速度は60キロまで。
それ以上出すとふらつくそうですが。
戦争映画に出てくる軍用バイクを、ほとんどそのまま生産し続けていたんですね。
驚きです。
バイクだけで田舎道を走らせると、たまらんだろうなあと、眺めているだけで鼓動が伝わってきそうでした。

プロフィール

Author:sichirin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR