岩手県の道の駅『厳美峡』の

駐車場で、松本ナンバーのJ07型のカブと女性の後姿を見掛けた。
ツーリングかなと思ったが、こういう性格なので(どんな性格だか)話しかけることもしなかった。
東北旅を終えて、帰ってから自転車やバイクで日本一週旅をしている人たちのブログをあれこれ見ていたら、この女性のブログを見付けた。
驚いたことに24才のこの娘、ツーリングどころか日本一周の旅の真っ最中だったのだ。
それにしても、ブログを見ると随分危ない旅を続けている。
とくに私が震え上がったのがこの記事。

http://konsora.exblog.jp/22563607/

この娘は、過去に一人旅の女性がどれだけ犠牲になったか知らないのだろうか。
まさかそんなことはないと思うが。
今どき、そんなの珍しくないと言われれば、そりゃそうだが。

私は批判するつもりは毛頭ない。
女性だって気ままな一人旅はしてみたいだろうし。
だが、せめてキャンプ場と民宿などの宿泊施設を半々に利用するとかした方が良いんじゃないかと思うけどねえ。
応援したい気もあるけど、ちょっと複雑。

今のところ、まだ無事に、たくましく旅を継続中である。
あなたが父親ならどうする?
言い出したらきかない性格なのかな。

無事に満了されんことを陰ながら祈るのみ。
スポンサーサイト

東北旅15日目。岩手県の

県道295号線を、ナビの指示のままに走っていると、

14071401.jpg

立派な茅葺き古民家を見掛けた。
サンバーを停車させ、窓から撮影し、走り出すとその先にも。

14071402.jpg

どうやら現役の古民家集落に遭遇したようだ。
道路脇のスペースにサンバーを停め、カメラ片手に降りて歩いた。

14071403.jpg

14071404.jpg

14071405.jpg

手持ちの地図には、この古民家集落を特に紹介するような記載はなかった。
岩手ではたいして珍しい集落ではないのかもしれない。

14071406.jpg

この集落内で一番高く立派な屋根。
14071407.jpg

住人はお婆ちゃんを一人見掛けただけだったが、いまだに集落の暮らしが続いていることは確かなようだ。

14071408.jpg

14071409.jpg

14071410.jpg

だが、あと10年、20年先はどうだろうか。
できればこのまま景観保存地区として、修復維持を期待したいところだが。
予算、だよね。

茅葺き集落を後にし、しばらく走っていると、

14071411.jpg

御大層な御屋敷が出現した。
サンバーを停め、道路から撮影させてもらった。

14071412.jpg

14071413.jpg

名主の屋敷だろうか。
洗濯物は干してあるが、あちこち破れた障子の修繕までは手が回らないようだ。
ここも空き家となる日は近そうな印象を受けた。

今日、久し振りに

輝く飛行体を目撃した。
相模原から眺めて八王子方向。
夕方、空の高みを飛ぶジェット機が夕日を浴びて点となって光り輝いているような、そんな感じの飛行物体が、昼の11時過ぎかな、
ふと見上げた空の低いところに浮かんでいた。
最初は飛行機かなと思ったが、移動する速度が遅いし、大きく浮き沈みする。
こりゃ飛行機やヘリコプターじゃないなと思って見ていたら、消えた。
今のは何だったんだろうと尚も見上げていたら、また同じ上空に再び現れた。
しばらく一番星のように輝きながら留まり、今度はまっすぐに、ちょうど高速エレベーターのようにスーッと大きく上昇して止まり、流れてきた雲にまぎれたのか、だんだんと薄くなって見えなくなった。
今まで目撃したなかでは2番目に長い滞空時間だったので、私以外にも目撃した人は多かろうと思う。

スマホも、ましてやデジカメも運悪く持ち合わせていなかった。

遠野から県道35号線

大槌街道を使って、太平洋岸に抜けることにした。
想像した通りの山道だった。
道志道のような感じか。
平坦地に下って川沿いの道になると、川向こうにプレハブ平屋の長屋のような建物が見えた。
工事関係者の住まいだろうと思っていたが、また同じような建物が現れ、ようやく仮設住宅だと気付いた。
立ち寄ったコンビニもプレハブだった。
旧大槌町に入ると、瓦礫はほとんど撤去され、だだっ広い平地が海へと続いていた。
もとは役場だろうか、廃墟となったビルに合掌した。
とても観光気分でカメラを向ける気にはなれなかった。
海沿いの道を南下した。
奇跡の一本松を訪ねてみるつもりだったが、どうにも荒涼とした景色が馴染めない。
あちこちに残る津波の爪痕を横目で見ながら、ひたすらサンバーを走らせた。
この日の宿泊地は、道の駅『大谷海岸』。
雨は降るし、誰もいないし。
一日一度メールすることになっているカミさんから、そんな所に泊って大丈夫かと心配されたが。

翌朝の風景。
14071317.jpg

14071318.jpg


プロフィール

sichirin

Author:sichirin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR