ここんとこ、身延方面に

はまっている。

スッパカブ君と出会ってから、私の視界はにわかに開けた感がある。

でも、今回はサンバ君オンリィだ。
夕暮れの鄙びた宿場町の風情に浸りたくて、現地での車中泊の想定で出掛けてみた。
場所はここ。

akazawa01.jpg

細い山道を登って行く。
最初に現れる建物は、この集落で唯一商い中の旅館『江戸屋』さんだ。

akazawa02.jpg

何度か建て替えられて、現在の建物は明治初期。
独りで切り盛りしているおばあちゃんは27代目だそうな。
ちなみに、この集落で缶飲料の自販機があるのはここだけ。
それも玄関の中にある。

akazawa03.jpg

団体客があると、襖を取り払って大広間になる。
今でも団体客はあるらしい。
おばあちゃんは私に大黒柱を紹介してくれた。
「これがうちの大黒柱」
そう言って片手でぺたぺたと愛しそうに叩くのであった。
上がり框の角が、艶々と丸く磨り減って、いかにも時代を感じさせてくれる建物だった。

商売が先にたって、あまりにも観光地化されたところだと、賑やかな売店なんかに改装しないで昔のままにしておけばいいのにと残念な気分になるが、ここまで訪問客にそっけないと、逆にもうちょっとどうにかならんかと思ってしまうから勝手なものである。

クルマの騒音はもちろん、人の声さえ聞こえてはこない。

akazawa04.jpg

akazawa05.jpg

akazawa06.jpg

昔ながらのトイレ、厠あるいは雪隠。

akazawa07.jpg

小窓なんか凝った作りだ。
その当時は随分お洒落なトイレだったんだろう。
そして現在。
あるまじき驚異の、木肌の香りも仄かな、

akazawa09.jpg

最先端ウォシュレットじゃあーりませんか。
おもてなしの心、ここに極まれり。
訪問客にあまりにそっけないと書いたのは誤り。
ここに訂正して、深くお詫びします。

昼食はせっかくだから、ただ一軒の蕎麦屋にしたけど、店内は私独り。
ほかに客が来るのかと心配になってしまう。
食べ終えて、入り口の坂道を下ってくると、まず原二のスクーターとロード250の二人組みが到着した。
次は、大型SS2台組み。
つづいてアメリカンの3人組。
ナンバープレートは、静岡やら浜松やら品川やら。
こいつらみんな、わざわざこんな所まで蕎麦を食いにきやがったのか。
余計な心配だったな。
美味い蕎麦と、明るく話し好きなおばちゃんはライダーの好物だ。
そりゃ遠くからでも来るわな。
これだからバイク乗りって奴は・・・・好きだね。

ところでこの集落の夕暮れだが、昔は客が来ると、締め切られていた2階の雨戸が全部開いて、障子窓に明かりが映え、集落全体が行灯のようで、そりゃあ綺麗だったそうな(蕎麦屋のおばちゃん談)。

今は?
真っ暗だよ。

いつか見てみたいなあ。
集落のそこここに巨大な行灯が立ち並ぶ光景を。
復活はもうないのだろうか。

そんな訳で、私とサンバ君は失意のうちに、まだ日も高い山道を下るのであった。
スポンサーサイト

甲州下部奥の湯の湯治場は、

それ全体が常に静まり返っていた。東には富士の外輪山、北に雨ヶ岳、南に三石山、西には身延の山越しに七面山が見えている。湯治場は富士川へ流れる渓流沿いにあって、霧立つ朝や山鳩の声を聞く夕暮れが多かった。人里はなれた湯治場の感があり、そこには黙々と治療を続ける怪我人たちの鄙びた生活があった。
 それだけに、旅籠屋といった行き届いた設備がなかった。幾つかの湯は屋根を柱で支えて、簡単な囲いがしてあるだけだった。大きい湯だと、屋根しかなかった。完全な露天風呂もあり、岩の庇を屋根代わりにしている湯もあった。それらを取り巻くようにして、幾棟かの建物が並んでいる。普通の民家と変わりなく、長屋のような建物だった。
以上、笹沢佐保の渡世人小説から引用してみた。
現在と違って、物見遊山の湯治客が行くような所ではなかったようだ。

simobe01.jpg

鄙びたというより、寂れた小さな温泉街だった。
荒廃が際立つ廃墟ビルがないだけまだましか。

simobe02.jpg

simobe03.jpg

時間があったので、ここから先へ、川沿いに走って行くと、

simobe04.jpg

時代を経た石畳の狭い急坂と、その両側に立ち並ぶ古びた家屋。

simobe05.jpg

重要文化財の家屋に、いまだに住人が暮らしているらしい。

simobe06.jpg

何の予備知識もなしに迷い込むと、驚きと感動もひとしきりなんだな。
帰宅してから検索すると、ぞろぞろヒットする訳だが。

街道の途中にあった牛石。

simobe07.jpg

違和感を覚えるような、あまりにも立派な鳥居だ。
手書きの案内文はかすれてよく読めなかった。
検索したところ、背に武田信玄を乗せた牛がこの石にぶつかって云々とあったが、違うと思うぞ。
近代にはすでに、その存在理由も謂れも忘れ去られて畏怖心だけが残った、古代の古神の何かか、それとも金山衆に関わる隠し金山の何かか?
そういう訳で、御神体の撮影は遠慮した。
さわらぬ神に祟りなし、で。

近辺にはこれと同じような立岩が、あと4箇所あるらしい。
興味があるが、山中深く埋もれているんだろうなあ。
スッパカブ君となら探し出せるか?

今回の下部温泉。
ぶらぶら歩いて散策したくなるような風情は、残念ながらなかった。
ひと気のない小さな温泉駅に、ふらりと降り立った訳ありの男女なんてのが、この寂れた温泉街には似合いそうな気がするが。
私には、そんな甲斐性がないことは、言うまでもない。

これから長い時間かけて、この温泉街は、往年の鄙びた湯治場にまた戻っていくことだろうと思う。

台風16号が、ベタベタと蒸し暑い夏を

引き連れて去っていった。
ライダーにとっては待望の、秋の兆しに誘われて行って来ました本栖湖の向こう側。

koseki01.jpg

実はここ、ある種の好き者にはちょっと有名な、山梨の閉ざされた集落がある所なんです。

yasaka.jpg

走り回った結論を先に言うと、ここはそんな怪奇な謎に満ちた場所なんかじゃなく(当たり前か)、限界集落ではあるけれども、人の営みはまだ途絶えていない鄙びた集落だった。
初めて訪れると、案内標識に従って林道の方へ左折してしまいがちだが、バイクならその先のこの地点まで行ったほうが、距離的にははるかに近かった。

koseki02.jpg

軽自動車一台分の幅しかない荒れたコンクリートの急坂が続く。
koseki03.jpg

後で検索したところによると、住民2人(らしい)の三沢集落。

koseki04.jpg

夏が終われば、冬はすぐに来る。
お山は雪に閉ざされ、峠には路面凍結の罠がある。
今のうちに、心行くまで走り回ろうではないか、ご同輩。

20号線沿いには、昔の宿場町の

面影を残すところなど皆無だと勝手に思い込んでいた。
あったんだなあ、これが。
30号線、旧甲州街道。

kousyu01.jpg

道幅一車線程度の狭い旧道を駆け、緩い下りカーブを抜けると、突然ゆったりと道がひらけ、ひっそりと過去を引き摺った集落が現れた。

kousyu02.jpg

知らなかったなあ、こんな旧道があるなんて。
不覚であった。

中央高速を何度か跨ぐようにこの旧道は延びている。
と言うか高速道路が分断していると言ったほうが正解だ。

kousyu03.jpg

おかげで上下線をぶっ飛ぶクルマやバイクを、すぐ近くで傍観することができる。
皆、そんなに急いで何処へ行く。
見てて何故か飽きない。

出発したのは朝6時半。
メッシュジャケでは肌寒かったが、陽が高くなれば、まだまだ夏は終わっていない。
涼しくなったらまた来よう。

帰り道、小さな神社のお祭りに遭遇した。

kousyu04.jpg

神主が祝詞を挙げ、獅子舞が奉納された。
お囃子は録音だったが。
私は余所者なので片隅で神妙に拝見させていただいた。
神社というのは、その日その時その場所に立ち会わなければ、その存在価値というのは、なかなか分からないものだそうな。
とんでもない山奥の忘れ去られたような小さなお社であっても、その日その時というのがある、らしい。
今回は偶然通り掛かったわけだが、幸運だった。

途中セルフで給油したので燃費を計測してみた。
194キロで2.79リッター。
69.5キロ。
松姫峠登りで2速ホールド。
時速50キロちょいまで引っ張って回してこの燃費は凄い。
無給油で家まで帰れたな。
購入前は、迷いや不安があったメイドインイッチャイナのmyスッパカブ君。
元気で絶好調です。
プロフィール

Author:sichirin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR