ツーリングのお供に

仲間が新たに加わった。

3100.jpg

他に欲しいモノは何かとあるんだけどね。
たとえば、我が愛車にはカーナビはおろかETCだって未装備だし。
いいカメラで撮ったからといって、いい写真が出来上がるってもんでもないし。
誰でも簡単に撮れるけど、これほどプロとアマチュアの技量の差がはっきり分かる分野も今どき珍しいと、私は思う。
文学なんか、プロもアマチュアも、今じゃその境界はあったもんじゃない。
作品に定価を付ければいいってものではないだろうと思うが。
付加価値は、もっぱら出版社が勝手にでっちあげる時代だからね。
それに比べて、写真の世界は一目瞭然。
伝わってくるものがあるかないか、それだけだ。

富士山周辺で見かける、カメラジジイになるつもりは毛頭ないが。
山中湖畔で22日間連泊中というオヤジもいたなあ。

購入価格、6万8800円也。
300ミリの望遠だぜ。
現物を目の前にして、いまいち喜びが湧いてこないってことは、恐るべし衝動買い。
スポンサーサイト

花見ツーリングに

和田峠なんかどうでしようってことで、行って来た。

4月17日 013

満開でした。
ここら辺は開花が遅いようだ。

4月17日 008

富士山ビューポイントにバイクを停めようと、勾配のきついところなのであたふたしていたら、背後から脇を突然駆け抜けていく男に驚かされた。
次々とリュック背負った奴らが何人か、集団で峠道を駆け降りて行く。
休日の自転車軍団は、もはや見慣れた光景だが、自走派は珍しい。
話は違うが、自転車オヤジたちの、あの股間モッコリタイツは何とかならんのかと思うのは私だけか。
宮が瀬の自販機前あたりに、あのスタイルでにたむろされてると、妙にこちらが照れくさい気分になるのは何故だ。
どんな格好で何しようと、大きなお世話かもしれないが。

4月17日 012

生唾ごっくん自販機だ。
運転免許証を読み込ませる必要があるらしい。
こんな田舎で初めてお目にかかるハイテク機器ではないですか。

缶コーヒーで一休みしてたら、途中で追い抜いた『峠駆け下り軍団』が、走り去っていった。
近くにいた地元のオヤジらしきひとに聞いてみた。
彼らはどこまで行くのであろうか?
これより6キロ先の藤野駅ではなかろうか、という返事だった。
その会話のあとで、なんとなく二人で笑ってしまったのは、俺にはとてもあんなことできないよ、といった共通の意思表示であったろうか?
帰り、ちょいと回り道して『大野貯水池』まで行ってみた。

4月17日 016

残念ながら、見ごろは過ぎていた。

4月17日 002

立派な長屋門。
どなた様の御住まいか知らねども。

それにしても、思うような写真を撮るのは難しいね。

花見宴会に

行って来た。
日曜日の夕方近くに到着。
管理人のお婆ちゃんは「満開だよ」と言ったが、まだ蕾が残っている。
九部咲きといったところか。

宮ヶ瀬4月10日 006

私以外、誰も居なくなった。
やったね。
独占である。

日暮れから焚き火開始。
照らされて闇の中、ほのかに浮き上がった桜が見事だ。

宮ヶ瀬4月10日 007

夜桜の撮影は失敗した。
このカメラ、右下側がぼやけるけど、欠陥かな?

好きな音楽がんがん掛けて、久し振りに気持ちよく酔っ払った。

朝は5時起床。
30分で撤収。
途中、事故現場に遭遇した。
路上にフロントが大破した軽乗用車。相手は2トントラックか。
救急車2台、消防車2台。
一車線ぎりぎりになった間を、散らばった破片を踏みながら通過。
早朝は皆さん飛ばしすぎだよ。

デジカメの液晶が

突然お亡くなりになった。
7~8年使ってきたキャノンの行くシーなのだが、例によって修理するより新品かったほうが、かえって安くつくというジレンマ。
震災の影響でどのメーカーも品薄。
結局、今回は一機種前の型で在庫があったニコンのクールピック巣3100に決定。
さっそく桜ツーリングに連れて行った。

宮ヶ瀬4月10日 001

今日の宮が瀬は、さながらクルマやバイクの品評会の感があった。

宮ヶ瀬4月10日 002

宮ヶ瀬4月10日 003

ケンメリ、箱スカGTRやらエリーゼ軍団やら、珍車名車がごろごろ。
バイクの台数も半端ない。
彼らが移動して行けば道の駅『道志』は大変なことになるだろう。


宮ヶ瀬4月10日 004

道志の桜はまだ七部咲きといったところか。
なんかカメラの設定を間違えたみたいだ。


今年も桜の季節が

やってきた。
近所の桜は七部咲きといったところか。
昨日は暖かく、今日は寒い。
気晴らしにクルマで山中湖までドライブ。
片道約80キロ。
途中、バイクの事故現場に遭遇した。
場所はセンターラインのない道志の山道。
ここはちょくちょく死亡事故の起きる危険ポイント。
パトカーとなぜか消防車が来ていて、ライダーは担架に乗せられるところだった。
バイクはフロント部分が大破。
対向車のクルマもフロント部分が損傷していた。
自分が金出して買ったバイクでどんな運転しようが自由だが、何も関係ない他人様に迷惑かけるのは、やはりまずいだろう。
事故を直接目撃した訳ではないので、軽はずみなことは言えないが、痕跡から見て、バイクがブラインドコーナーをアウトに孕んだとしか思えない。
ライダーはどこかの温泉につかるのを楽しみにしていたのかもしれないし、久し振りの休日だったかもしれない。どんな計画があったにしても、これで当事者2人の一日は台無しである。
山伏峠手前でも、自損事故と思われるフロントが大破したバイクがガードレール側に放置してあった。
ここも何度か目にしたことがある。
山中湖のいつもの場所は、車中泊と思われる車が2台。
滞在するにはまだ寒い。
夏になったらビール持って来るぞ。
宮が瀬は、この天候のせいか、いつもの賑わいはなかった。
プロフィール

Author:sichirin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR