Fブレーキ

絶好のツーリング日和、なんだが、日本人としてはとてもそんな気分になれず、午前中はテレビに釘付け。
午後からフロントブレーキパッドの交換でもするかと、重い腰を上げた。
外してみたが磨耗限界溝がまだはっきり残っている状態。
新品のパッドを付けては見たが、やはり最後まで使い切るべく、再度付け替え。
どんだけケチなんだって話だが、使いきれるパーツは最後まで使ってやりたい。
汚れを落として、パッドピンのグリスアップなど、メンテナンスを施したと思えばいいか。
あと1000キロくらいは持ちそうかな。
フロントブレーキをいじったので試し乗りをすればいいんだけど、そんな気にもならないな。
スポンサーサイト

バイク三昧

久し振りの土日休み。

昨日はいつもの練習場でスライド練習。
今日は、いつも酷使しているバイクに、たまには本来の走りをさせてやるべく、ツーリングに出かけた。
遅く出発したので道程は宮が瀬から秋山道、巌道峠(別名『強盗峠』。昔本当に追い剥ぎやら出たらしい)
道志道と走って、帰りまた宮が瀬。
走行距離150キロ。

それにしても230は良く走る。
日頃の練習ではシフトダウンをミスってガキンと音を立ててギアが勝手に戻ったり、半クラをミスって前のめりになるほど急激なエンブレが掛かったり、さんざん酷使しているというのに、ギアチェンジも抵抗なく軽くスコスコ決まるし、エンジンもすこぶる快調でアクセルに忠実に反応を返してくる。
低速トルクがあるので、ぎりぎり1車線の山道も、シフトダウンを強制されることもなくズボラにトコトコ走れる。
足付きがいいので、興味を引くものがあれば、即座に停止。
Uターンも躊躇なし。
回せば振動が全体に発生するが、軽くコンパクトな車体にもかかわらず、速度を上げても車体は安定している。
全科目平均点以上の秀才君みたいだ。
どでかい排気量のバイクで、敢然と突き進む醍醐味みたいなのは、さすがにないけどね。
この先、気が変わって大型クルージングに色気を出すことがひょっとしてあるかもしれないが、このバイクだけは手放さないでおこうと思う。

帰りに再度立ち寄った宮が瀬はバザーが開催されていたせいもあって、車やバイクで溢れていた。
バイク専用駐車場が窮屈そうだったので、脇の歩道側に停めたのだが、ふと前をみると、ピカピカのハスクがあるではないか。
250か400か。
ナンバープレートを覗いたらピンクでやんの。
なんと125のエスM4。
実車はかっこいいね。
見た感じスイングアームが異様に長い。
250並のホイールベースだ。
材質はアルミではなく鉄と思われる。
アクスルシャフトはクランクケース貫通ではなく、長いカラーみたいなパイプがフレームの間に入っていてシャフトはその中を通っているのがちょっと意外で目を引いた。
周辺はスカスカだ。
強度的にどうなんだろ。
230はフレームからボックス型の補強部が下がっていて、シャフトはその中を通り、見た目にも不安はないが。
この日うっかりカメラを忘れてしまって、画像が撮れなかった。

オーナーの話では、エンジンはヤマハだとか、そのOEMだとかで、メンテはオイル交換してれば大丈夫みたいなことを言ってたが、本当かな?
これでスライドがビシバシ決まれば面白いだろうな。
親切に「乗ってみますか」と勧められたけど、混雑した駐車場でもあるし、人様のバイクで接触事故なんて面倒なことも御免なので、かろうじてお断りさせていただいたが、エンブレの手応えくらいは確認してみたかったな。

ここ宮が瀬は、珍から稀少からマニアックから高価から極貧まで、じつにいろんな車両がやってくる。
普段は箱根方面に行くというオーナー君に、『宮が瀬オタク』ですよと私は言った。
プロフィール

Author:sichirin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR